忍者ブログ
wise rescue of the Claim Brulee



[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日行った焼き鳥屋さんがなかなか美味しかった。別にチェーンだし、隠れ家的な要素は皆無なものの、個人的には好きなお店だった。写真がなくて申し訳ないのだが、まあいまどきは食べログに沢山載ってますので割愛。

ふくの鳥 飯田橋店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13045701/dtlrvwlst/

### とにかく安くて旨かった

素晴らしいのは、各メニューが安いこと。だいたい300~500円くらい。とくに絶品レバー(430円)がおいしかった。とろっとろで、やばかった。平仮名で食べ物の感想を書くとアホっぽいのは何故か。あとは、こんがり焼けた山口県産長州どりの鍬焼。鍬(くわ)というか、ふつうの鉄板焼きだった。なぜ鍬なのかは個人的にやや調査をかけたものの不明。でもまあぶりぶりしてて旨かった。これは680円。これがメニューの中では高価なほう。

お会計的なことは、がっつり食べて、ビールだかハイボールをひとり5杯づつくらい飲んだせいで、ひとり四千円ほどになったけど、そんなに飲まずに、あるいはもっと大勢ならもっと安く済むでしょうね。

### 立地が飯田橋駅徒歩30秒

よいのは、駅から近いところ。どれくらい近いかというと、飯田橋のB1出口をでて徒歩30秒くらい。たとえ豪雨でも走ればなんとかなるレベル、というのは過言です。それはさすがに濡れるでしょう。会社帰りなどの平日の飲み会だと、会社の近くじゃない場合はみんなの通勤経路を考慮すると場所設定がむずかしいときがありますが、首都圏屈指のターミナル駅である飯田橋の出口ほぼすぐというのは、なかなか素晴らしいポイント。来やすいし、帰りやすいのはいいよね。

### 店員さんがとてもよい

乾杯のときに店員さんみんなで"お疲れ様です"をご唱和くださって笑った。あと、店が狭いので手を上げればだいたいすぐに店員さんがつかまるのも良い。だいたいすぐ来てくれてめんどくさくなかった。あとこれは書きながらふと思い出したエピソードだが、〆のあたたかいお茶をお願いしたら、僕はまだ酒を飲んでいたからか、僕に1つ、相手に2つ、熱々のお茶を置いてくれた。これはさりげないながらも中々やってくれない事よね。そして帰り際にアメをくれた。アメの柄が妙に長かった。

というわけでまた行こうと思います。とり充したい方はお声がけください。一緒にいきましょう。てか、こういうレビューこそ食べログに書くべきなのでは・・!
PR
UNIQLOCK
プロフィール
HN:
mikkemac
年齢:
35
HP:
性別:
男性
誕生日:
1982/08/14
職業:
広告制作
趣味:
中日
自己紹介:
B型のしし座。好きな音楽や本などを介し誰かと仲良くなるのが幸せです。テレビ番組について議論することを喜ぶ。ラーメンとラーメンズが好き。立浪の代打安打と中里の奪三振に歓喜した中日ファン。2011年は小熊投手と水田内野手に注目していました。2017年は柳投手に注目しています。
最新記事
(02/14)
(01/17)
(01/17)
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ   [PR]